J’aime le théâtre♡

観劇日記。

『MUDLARKS』2回目

10/1昼。2回目は初日とだいぶ異なる感じ方になった。

冒頭、泥の中から出てきてはしゃぎ回るあの子たちをうっかり微笑ましく見てしまったので、その後最後までもうキツくてしんどくてどうしようもなかった。はしゃぎながら互いにロープを握って繋がり合っているのも象徴的に思えた。

あの子たちの事情や後の展開を1度観て知っているから、初見時には分からなかった台詞や表情の理由が思い当たってしまっていちいち胸にくる。ウェインが脈略なく洗濯機の話をするのとか、チャーリーは警察に怯えてるんじゃないんだよねとか。

そう、冒頭シーンは終盤の金属探知機のくだりにリンクして、あの子たち自身が泥の中に埋まってる宝みたいに思えたんだ。見つけ出して欲しいんだよジェイクは。

 

やったことないことやって、どうなるか見たかっただけ、という浅はかさ。

先のことや細部を想像しない。想像したら、見たら、吐きたくもなる。

免許証の名前を聞いて、リアルになるからやめてと言うウェイン。

刹那の「笑い」がすべて。

「人を傷つけるようなことはしたくない」という信条めいたものは持ってるのに。

「笑い」ですべてを流している。

 

「一人前の男」という呪縛。

どんな父親でも父親が規範(ジェイクはアンチ父親かもしれないね)だし、"どうなりたいか" という将来像のイメージが下の毛ボーボーでしかないんだよまぁここにも、不安を伴う真面目な思考を嫌って無意識に笑いにしようとするウェインの性質が出てるけど。

 

鋭敏で繊細なジェイクとチャーリー。

愚鈍なウェイン。

 

嗚呼ウェインがメールなんかしなければジェイクは巻き込まれなかったのに。ジェイクは違う世界の奴なんだってチャーリーには分かってたからもう関わるつもりなかったのに。

 

スリルミーもジェイミー(特にディーン)もビリーエリオットも思い起こされてきたよ。

これらの作品には、大人の登場人物が出てこないもの/出てくるものという違いがありますね。

うん、今回はなんかすごく「あの子たち」という目線で観たんだなぁ私。

 

ウェイン(のお父さん)はなんでリヴァプールファンなのかな。地方都市だけどリヴァプールにはプレミアのビッグクラブもあるしビートルズで有名だったりもするから"忘れられて"いないよね。エセックスの彼らは地元愛を誇ることもできない。

あ、原文戯曲だとチャーリーはウェストハムのユニフォームを着てるのね(ザ・地元?いや"地元にいちばん近いプレミアのチーム"かな。造船会社の社員クラブを発端とするチームで今もサポーターの殆どが労働者階級だとWikiに書いてあった)。あ!穂先チャーリーのえんじ&水色のシャツはウェストハムのユニなんだ!

 

はぁ戯曲ひととおりザッと読んだけどやっぱツラいねぇ。

ウェインのキャラというか、頭悪い言動をどう体現するかという点で敬三さんパーフェクトだと思ったわ。とても難しいと思う。敬三さんというクレバーな俳優が演じているからこそ観客に伝わってくるものがあるんじゃないかな。

 

そうねぇ今ウェインのことがだいぶ気になっちゃってるなー。

あのビーチに時々来て考え事をするって言ってたよね。無邪気に遊んだ子ども時代の思い出の場所。隠れんぼで置き去りにされたりもしたけどさ。チャーリーとジェイクにはいつも遅れをとってて悲しいんだけど。でも2人のこと好き。

生きるための防衛本能で「笑い」を求めちゃう。いつもみんな笑って過ごせたらいいのにってきっと思ってる、根は優しくて穏やかな子なんだよな。

あの緩さ素直さが好きで、チャーリーもジェイクも彼を側に置くんだろう。放っとけないという気持ちもあると思う。「パパが洗濯してくれなくなっちゃったの?」とかってジェイクはすごい察してあげてたよね。

 

あ、そう言えば音楽のこと。

エレキギターのギュイーンていう感じが印象に残って、なんか『夜を走る』と似てるなぁと思ったんだ。

あと、開場中の曲のセトリ欲しいなぁ。

 

『MUDLARKS』

初日。

スズナリでまたこの御三方に会えるのは嬉しいけど、

いやー苦しかったキツかった。

17歳ってあんなに分別ないかな。無力かな。

 

冒頭からずっとものすごいテンションでストレス掛けまくられてこちらも吐きそう。

いったい何やっちゃったの!?とヤキモキ。

概念的なことだったらいいなと思ったけど具体的な犯罪だった。

 

あまりにも劣悪な境遇に育った、あまりにも知性の無い少年たち。

どこか架空の街のではなく具体的な地名で語られるし、私たちと同時代の話だし。

美術が抽象寄りだから最初は寓話っぽく見えたりしてたんだけど、そうではないんだなとだんだん分かってきて。

かと言って、地方都市の貧困や閉塞感を取り上げている社会派作品というような手触りでもなく。

若者の普遍的な問題として?でもそれにしてはあの3人はあまりに酷すぎる。私と離れ過ぎてるだけ?うちの息子たちだって絶対こんなじゃないと思うし、でももしかしたらこんな世界と紙一重でちょっと間違えたらこんなんなっちゃうとしたら怖すぎると思った。

 

30代が10代を演じるときに」玉置玲央×永島敬三×田中穂先『MUDLARKS』鼎談【後編】 | ローチケ演劇宣言!

あ、なんかこれ読んでちょっと腑に落ちた。

観ながら、なんで脂の乗った年齢のこの人たちがわざわざこんな少年の話をやってるんだろ?って思ってたもんな。

 

抜け出せないこと、放置すること、潮が満ちてきて水没してしまうこと

本当に悍ましい世界だと私は感じる。彼らの世界と自分との距離を測ることが、この劇の感じ方の一つかもしれないね。

 

アフトの時、お客さんの顔を見てグッときちゃってしばらくの間後ろ向いて照明の数を数えてた穂先くんと、それを自然にさせておく先輩たちが愛おしかった。穂先くん、すごく彼自身と乖離した、負荷の掛かる役をやってるよね。そういうことかな。

ねぇちょっとこれ酷くない!?理解できなくない!?っていうのを作り手も感じてるんだなと思えたことが私には救いになったけど、俳優たちはもしかして観客の顔を見て同じことを感じたかもしれないよね。お互いに安心したのかも?

 

 

イキウメ『天の敵』

2時間15分たるみの無い(絶妙な緩和はある)物語にグイグイ惹き込まれた。これだけ問題提起に満ちているのに語り口はイイ感じにドライで、ひとの情緒に土足で踏み込んで来ないのが心地良いと思った。

でも、と言うか、だからこそ、かな深い余韻。

帰りにラーメン食べた。

 

ホントあの絶妙な緩和ね。入りが「3秒クッキング」というのもそうだし、1時間過ぎたとこたぶん実際に半分のとこだったと思うけど、その辺りから浜ちゃん橋本と安井さん寺泊の空気にコメディっぽさが入ってきて。「ポーの一族」を恵に説明するための資料みたいに寺泊が机の隅にそっと置いた時なんか爆笑しちゃったもんな。

寺泊、だんだん巻き込まれて参加させられてんのよね。カフェの店員役を促されてたよねw

 

ラスト、寺泊が冷蔵庫を開けるのか!?で終わるのかと思ったら、開けて、閉めた。

でも妻が出てきて、カバンを持ち上げようとした手に力が入らなくて、項垂れて、大丈夫よって肩を抱かれて

いやぁどうなんだろねぇ!?どうするだろうねぇ私ならと考えずにはいられない。

もし妻が飲血の効果を知ったら絶対に飲ませようとするしそれを寺泊も断れないだろうし

 

橋本は鰻食べて終わらせるんだな。「最後の晩餐」って言う意味の重さがヤバい。

あ、でもね、あれ全部橋本のホラ話でしたっていう解釈もアリだと思うよね。寺泊が恐る恐る開けた冷蔵庫の中に入ってたのは普通にいろんな食材ばかりで、あんな話を信じてしまったことに打ちひしがれたのかもな、って。

そう言えば、終盤で現れた恵が、え?すべて話しちゃったんですか?というような空気をまったく出してなくてちょっとアレ?と思ったんだよな。

 

「天の敵」って、"外れてる者"ということなのか。「外の道」と同じか。

我々は確かに、食べないといけないから縛られてる。腹が減ることは人間のいちばんの弱点だって台詞が『人間合格』にあったよな。

時枝は外れてるよなぁ。不食なんて、あれはもう地球上の生命体ではない。

 

安井さんの、イキウメンズ特殊技能 "突拍子もない話を聞かされた時の反応の芝居" 本当に見応えある!

もちろん浜ちゃんの常人ならざる佇まいも凄い。

時枝の森下さんの異色さも凄い。「〜ね」って喋り方とか。

人衛くんも、盛さんも、味!!

客演も好きな俳優が多くて私得だった。しんぺーさんレオさんナイス違和感。祥太郎くんはとても真摯。

 

https://twitter.com/tomomaekawa/status/1571683684935409664?s=46&t=UjTVbnRIrFfiH3TamMuChg

温水さんも仰ってる!

ワキとシテ!ほほぉ!

 

https://twitter.com/maturasu/status/1572953094878797825?s=46&t=uX3U4LjhfD1DnIIiobEaZA

あぁまさにそう!そんな感じする!

 

ナチュラルカフェみたいな舞台美術とても美しかった。ガラス窓の感じが『外の道』っぽいと思った。

 

この物語の現在は2017年だと台詞で分かって、それは初演の年なのかな?私は初演を観てないけれど、ここから今までに我々の世界の様相はだいぶ変わったよな…という思いが過る。初演を観た人なら尚更だろう。

登場人物たちは、5年後の今はどうなっているだろう…もし飲血を選ばなかったのなら寺泊はもう死んじゃってるんだな…あるいは…

いろんな想像が巡る。

 

戦後の現代史を語るようなシーンではダンスっぽい身体表現も用いられてた。時の流れが視覚化されるみたいな。たまにふっと立ち止まって振り返るような動きが印象的だったな。

「人間は太陽だって作った」とかも言ってたね。進化や文明は後戻りできない。

そう言えば卯太郎が日光を浴びれなかったり生殖能力が無いという設定は『太陽』と同じだね。

 

https://twitter.com/tomomaekawa/status/1570212637363032065?s=46&t=UjTVbnRIrFfiH3TamMuChg

ほぉ。運命!自由意思!次作めちゃくちゃ楽しみだー♪

 

客席けっこうU25くらいの若い人が多かった。イキウメの着眼点およびトーンは、若い世代にもすごく受け入れられる感じする。

 

 

尾上右近自主公演 第六回『研の會』

はじめて観に行く歌舞伎自主公演なるものにちょっぴりドキドキ💓演目は

「色彩間苅豆」「源平布引滝 実盛物語」

 

昼の部、けんけんは女方ならハンサムな女性が素敵だと思うんだよなぁ…その点かさねはどうなんだろなぁ…などと序盤は思ってたけど、なるほど後半の鬼女でググッと!情念!

 

実盛物語は、え?腕!?拾ってきたの!?あれを産んだとかw!へ?繋げるの!?とかツッコミ所もいっぱいあって、グロテスクだったり哀しかったりそりゃないよだったり微笑ましかったりキラキラしてたり、どんな気持ちで観てればいいのか感情が迷子になったわw

 

太郎吉に向ける笑顔が素敵!若々しく爽やかで、カッコイイ親しみやすいおにいさんで。

亀三郎くん堂々たるもの。金髪パンチ瀬尾は彦三郎さんだから、二人のシーンの沁み方がマシマシ🥺

 

「歌舞伎のために」×5?×7?カテコで熱いご挨拶&フォトセッション☺️

 

 

夜の部は与右衛門けんけん。お人形さんよりだいぶかわいい&ダメ男!

こっちの方がすごい躍動的で面白かった!花道を引き戻されるとこ(道理引きって言うのね)の暴れ方とかサイコー!けんけんの魅力いっぱい!!終盤めっちゃ興奮したわ!

お人形との大きさの対比的に、こっちの方が構図が断然良いと思う。

けんけんかさねの道理引きのガッと指を広げた恐ろしい手つきは印象的だったけどね。

 

与右衛門も実盛も微妙な目線や表情ずっと追い甲斐があったなー。

 

実盛、私が2回目だからもあると思うけど、たぶん皆さんの芝居もグッと濃くなって、驚くほど台詞も入ってきたしいろんなものが伝わってきたなぁ。芝居としてすごく見応えあった!市蔵さんと梅花さんの爺と婆がすごく表情豊かだった。

 

ちーんて鼻をかんであげるの🤣😢

この新しいおじがつねつねするぞ、って🥰

ホントもぉ太郎吉へ向ける笑顔ステキすぎて惚れてまう😍

口元が緩むとなんかけんけんが滲み出て素敵なのよー😍

実盛もけんけんの魅力めっちゃたっぷり満喫できるお役☺️歌うし!

そっか、けんけん子役の頃に太郎吉やったんだ!可愛かっただろうなー🥰見栄を切ったりお馬に乗ったり楽しかっただろうね☺️その時も市蔵さん梅花さんだったなんて!

 

歌舞伎愛を自らに問いながら作り上げた自主公演だって、泣けちゃうな!

キャパオーバーがキャパを広げるって

 

あぁ、髪を墨染めにしとくからとかジャブジャブ洗ってみよとかって平家物語に書かれた実盛の最期を想起させるんだね😭みんな今はにこやかに喋ってるけど😢そうか駒王丸は木曾義仲なんだ。

実盛物語の前段には「義賢最期」があって、そこで葵御前は九郎助に託され、源氏復興の重要アイテムである白旗が小万に託されるんだわ。なるほど。そっか作者は並木千柳だ!

 

2日目のかさねは演出を変えた千穐楽特別バージョン(過去にお祖父様が演じたものらしい!)で楽しませてくれたみたいだし、「大好きな歌舞伎に振り向いてもらえるよう告白し続けます」なんて言ってたらしくて胸熱😭

けんけん、ずっと観続けたい!

 

 

 

音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』

面白かった。

原作の物語の面白さが大きいかな。そして、何と言うか "演劇力" を感じた。

歌やダンスやアクションが目を引きがちで、確かにそれは愉しいけど、全体が丁寧な芝居でしっかり積み上がってる感じが私は好きだった。そりゃ最後は盛大に踊ってほしいけどねっ!🇮🇳

 

メインは勿論、ポイントポイントで出てくる役も含めて、本当にどの人物にも深みがあって良かった。

川平さんとゆっこさんの芝居は特に胸に来たなぁ。インドの実情について切実に感じ考えずにはいられない。

屋良さんは歌がすべて所謂"イケメン歌唱"なのが残念。"いきなり歌い出した踊り出した"感がどうしてもしてしまう。

良大くんは可愛いしアクション(パルクールって言うの?)すごかったし踊り(亘さん振付なのね)も楽しそうでよかった。ファルセットの歌は微妙だったけどな。あれもっとバッチリ聴かせてくれたら惚れちゃうのに。川平さんのこと大好きな感じがカテコで見えて微笑ましかった。ゆっこさんとか吉村さんとか辰巳さんのこともきっと大好きだろうな。芝居の上手い人たちがたくさんいて、クリエイティブな現場を楽しんでそう。

ふうかちゃんと大塚千弘さんの歌はさすが、安心して聴けて素敵だった。自在に歌えてるからググッと伝わってくる。

カテコふうかちゃんと良大くんの並びが、なんか嬉しいんだよねー。

 

 

八月納涼歌舞伎 第二部・第三部

前日の第三部男寅くんがコロナ陽性でお休みにつき演出変更と聞き、嫌な予感がしていたところ本日10:45に第一部中止の報、第二部第三部は追ってお知らせって、わぁいよいよ劇場前で中止を知らされる経験を私もするのかなまぁご飯食べて石垣島ラー油買って帰ればいいかの気持ちで出向いたけど運良く両方観れた。

 

第二部『安政奇聞佃夜嵐』なかなか面白い話だったよ。脱獄もの?

はーちゃん声が良い!って初めて思った。ちょっと低めの声だったから?チンピラっぽい町人の役も良いねー。まず顔が良い(定期)。仁左様みたいに色悪がたまらん俳優になってくれてもいいのよ❤️ 喘ぐ死際はご馳走様だった。

米吉ちゃん可愛い〜💕

勘九郎さん極悪人なのにどーしょーもなく滲み出る愛敬。

泳ぐ場面は見せ場なんですね?すごく短いしたったあれだけの場面なのに大掛かりなセットで凄いよね。

彌十郎さんいい声だし芝居も良いなー。

 

猿之助さんの踊り『浮世風呂』は一体どういう世界観!?ってなったけど面白くてニコニコしちゃった。なんでナメクジに踊らせようと思ったかな薄オレンジの着物の裾がグレーになってる不思議な色合いが絶妙。ひらがなでなめくじっていっぱい書いてあんの触覚がついてる茶色い頭飾りも、気持ち悪さのギリギリの感じ團子ちゃん女方かわゆ❤️

 

第三部は噂のやじきた!

東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚(やじきたリターンズ)』ってタイトル最高よね。

 

染五郎くんのオリビアちゃん綺麗だぁ😍文明堂カステラ買ったよぉー❤️

 

亀蔵さん相変わらずええ声。

 

本水はじめて観たね!でもね、いちばん濡れてほしいのははーちゃんだから!

 

すげぇなぁ歌舞伎、って思う。何だって出してこれる。

 

まさかの寿猿さんが宙乗り!ありがたいものを見た🙏

そこら辺りからなんか胸熱展開。私も歌舞伎座好きです!

え!?みんなで踊ったのってオグリの曲でした?🥹

ラストは4人で宙乗り、お迎えできて嬉しかった。猿之助さんの小慣れっぷりは改めて大したものだけど、團子ちゃんもニコニコしてたなー。染五郎くん近くで見れて嬉し💕幸四郎さんは高い所が嫌いそうだったね風船?を渡したはーちゃんのお見送りの笑顔も🥰

 

染五郎くんと團子ちゃんの梵政、WSSみたいな踊りは微妙だったけど古典になった途端にガツンとキマるの超かっこいいよね!

染五郎くんの踊り綺麗だなぁ😳声が細い時があるけど、だんだんね!何を差し置いたってあの華は凄い。

やじきた酔っ払い踊りの時に後ろでヤンキー座りしてるふたり、團子ちゃんが明らかに猿之助さんをずっと目で追ってるの愛しかった。

早替えスゴイね!裏で相当走ってると思うよあれ。

 

新悟さん初めレディースの皆さんもカッコよかったなー。

天照は笑也さんでした?あれを見た時にも、歌舞伎の抽出しの多さすげぇなと思ったんだよね。

 

おぬしと、よろづに 家族商店🤣

 

オペラ座!シャンデリア!

 

歌舞伎座外資に身売りとか、マジありそうで笑えないよな。劇場・ライブパフォーマンスの存亡、猿之助さんなんかはすごく危機感持ってるんだと思うよ。

まぁ、序盤の演出、面白味の付け方がちょっとレベル低い気がしたり、女御島や唐人行列の表現とか西洋人の付け鼻とかリテラシーどうなってる?とか思ったり、でも歌舞伎座の客向けってこうなるんだなという、あれぇ大丈夫ですかぁ?という感も確かにある。

 

 

 

8/18 とうとう明日は第三部中止だって😢

 

8/20 代役でスゴイことになってる!ツイッターも騒然!猿弥さんトレンド入りしてるじゃないですか!猿弥さんとはーちゃんの梵政めっちゃ観たいっっ🤣

凄いね、歌舞伎役者(裏方さんもだね)たちの底力。

第一部も成駒屋兄弟の代役を勘九郎さん七之助さんが務めてるし、今月の歌舞伎座は Show must go onの意地を見せてるなー。

 

 

『HEISENBERG』

サイモン・スティーヴンス作。そう言われれば彼らしいかも。ロンドンの雑踏の片隅で起こっている話、という感じ。


不確定なこと。

近くにいると、渦中にいると、見えない。

アレックスのような年齢になって初めて見えることってあるのかなーとは思うけど。あの歳になって彼のように"確固たる自分"を持たずに居られるってなかなかない。ジジイが若い(年下の)女性に対してあんなに柔軟なことってなかなかないよな。

個性なんて行動の集合体、みたいなこと言ってたのは心地よいなーと思った。流動的なもんだよね、みたいな。

感情に支配される(押し売りされる)のも嫌いみたいだったよね、アレックスは。

ジョージィと出会ったことは、彼にとって何なんだろう。


平田満さんの柔らかさが良い。あの役がエロジジイに見えちゃったら台無しだけどそれはなかったもんね。めっちゃ音楽好きで、タンゴ踊れる。

小島聖さん綺麗だしエキセントリックさが素敵。ジョージィはかなりやべぇ女だけど。


ハイゼンベルクって「不確定性原理」の人。

量子力学の話って、訳わかんないけど何故だかものすごく惹かれてしまう。世界の見方・捉え方が揺さぶられる感覚が堪らない。

都築卓司著「不確定性原理:運命への挑戦」をちょこっと読み始めたけど、そっか…ある筈の真理に近づいていこうというのが科学の立場だと思いがちだけどそうじゃない考え方で考えてみようぜってことね。あゝ…それは、未来は決まっているというのを否定すること、運命に挑戦することになるんだ。なるほど。

アレックスとジョージィふたりの関係性は、揺らぎながらあのようになっていった。どうなる可能性だってあった。

測定という行為が測定対象に影響してしまうのと同じく、相手の存在は他方の存在に必ず作用する、というのも、確かに。納得できるわー。